猫 乃 眼 通 信 (=^..^=)

マーサはいつも猫の眼のように クルクル@@ ... ほんと落ち着きのない人ですね (・。・;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”「制服向上委員会」を今朝 の「朝日新聞・多摩版」が紹介”という投稿を転載


以下、「九電本店前ひろば」に投稿された前田 朗さんの記事をそのまま転載しました。(青柳様から1月9日に配信されました)



前田 朗 さんから:

6月に「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」をリリースした制服向上委員会を、今朝
の「朝日新聞・多摩版」29面が大きく取り上げています。
リーダーの小川杏奈さんの思いを紹介。5段150行以上の記事で、写真付き。
ネット上では見つけられませんでしたが。
制服向上委員会が歌う「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」
http://www.youtube.com/watch?v=ByP8m3XOZdw

BARA さんのコメントを転送します:
前田さん
これですか?
*新聞記事につき「転載禁止」 ねんのため
---------------
〈いま、ここで。〉歌わせてよ「脱原発」 東京

アイドルの話を、もう一つ。

 12月初旬、京王線・初台駅前のライブハウスは熱気に包まれていた。
 女子中高生でつくるアイドルグループ「制服向上委員会」恒例の年の瀬ライ ブ。切りそろえた黒髪と、ひざ丈の赤いチェック柄のプリーツスカートが揺れる 度に歓声が上がる。
 客席の盛り上がりは、「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」で最高潮に達した。
 ♪それはそれは習わない言葉が溢(あふ)れ ベクレルセシウム メルトダウ ンにタービン建屋
 ♪忘れないから原発推進派 安全だったらアナタが住めばいい
     ◇

 あの日。グループのリーダー、高校2年の小川杏奈さん(17)は、家でレッ スンに行く支度をしていて大きな揺れを感じた。自宅で待機している間、テレビ で福島第一原発が爆発する映像を見た。
 「ただちに人体に影響はありません」。ニュースでは、政治家や専門家が「大 丈夫」と繰り返す。難しい言葉が並んでとても理解できない。途中で考えるのを やめてしまっていた。
 「原発事故のこと、どう思う?」。しばらくしてメンバーで話が持ち上がる と、疑問が湧いてきた。
 「ただちに影響はない」って、いつかは影響があるっていうこと?
 報道されていたいろんなことがストンと落ちない。もっと自分の頭で考えな きゃ――。そんな時、新曲として出来上がった「脱原発の歌」を聞いて、「歌いた い」と思った。発売2カ月前の6月、動画サイト「ユーチューブ」にライブのビ デオ映像を掲載すると、閲覧は3日間で3万を超えた。
     ◇
 制服向上委員会は、「社会派」が売りの一風変わったアイドルグループだ。 1992年の結成で、今のメンバーは13人。地デジ化や戦争、いじめといった 問題をテーマにした歌も多い。ニューヨーク・セントラルパークでのゴミ拾い、 福祉施設への訪問、いじめ追放を訴えるデモ行進……と様々な活動に取り組む。
 そんな中でも、今回の「脱原発の歌」は今までにない波紋を呼んだ。
 最初に反応したのはメンバーの親たちだった。「テレビでは安全と言ってる じゃないか」「自分たちも電気を使ってきたのに筋違いだ」。親の反対で活動を 控える子も出た。

 CDを売り出すと、今度は外から拒否反応が上がった。駅のホームに貼るため に用意したPRポスターは、鉄道会社から「これは意見広告だ」と拒まれた。あ るイベントは、会場になった大手ショッピングセンターが主催のテナント店に 「自主規制」を求め、中止に追い込まれた。大手のCD店チェーンは店頭に置か ない方針を決め、現在、販売はもっぱらネットか注文による取り寄せだ。

 その一方で、脱原発を訴えるイベントやデモには参加依頼が相次いだ。昨年の 6月以降、出演は50件を数え、1日に3カ所をかけ持ちしたことも。大江健三 郎さんらが呼びかけた「さようなら原発集会」では、6万人の前で歌い、「みん なの党」で脱原発派という若手政治家の公開討論会にも声がかかった。すでに 11月の予定も入っている。
     ◇
 グループはCDの販売直前に脱原発を考えるイベントを開き、村ごと避難して いる飯舘村の酪農家・長谷川健一さんを招いた。
 高い放射線量が出ているのを知らず、避難が遅れた村の十代の若者たち。「結 婚できるの?」「子供は産めるの?」。将来に不安を抱えている子が多いとい う。「どうにもできず悔しい」。長谷川さんは言った。
 何も悪いことをしていないのに。住む場所が少し違うだけなのに。胸が痛ん だ。「こんな犠牲を払って、原発を続けるのっておかしい」
 高校の友だちとの会話に原発を持ち出すのは、まだためらいがある。「急にど うしたの?」と変に思われそうで、少し怖い。でも、同世代の子たちに少しでも 考えてもらえるよう、「脱原発の歌」は歌い続けたいと思う。

 12月18日。都内の高校生が「東京の高校生平和のつどい」を港区の正則高 校で開き、福島や沖縄の生徒らとともに制服向上委員会もゲストで招かれた。
 小川さんは舞台から語りかけた。「『子どものくせに』『何も知らないじゃな いか』って言われたこともあった。でも、私たちの将来に関わる大きな問題で す。自信を持って歌っていきたいと思います」
 ♪もう忘れないよ 原発事故のこと 覚えておこう 被害の大きさ 大地と海  2次災害 人の心にまで♪
 同世代の前で歌うのは初めて。高校生たちは最初は顔を見合わせていたが、演 奏が終わると、ひときわ大きな拍手を送った。(中村真理)

前田 朗 さんのコメントを転送します:
榊原さん
ありがとうございます。
なお、制 服向上委員会の新曲は「悪魔・野田・TPP」
http://www.youtube.com/watch?v=0EAoYO_D8SE&feature=related


米 もダメ 肉もダメ 野菜ダメ 全てダメ
  民主党 野田ちゃん TPP No Good

公 約ダメ 政策ダメ 内閣ダメ 全てダメ
  民主党 野田ちゃん TPP No Good

...........................(転載終わり))

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。