猫 乃 眼 通 信 (=^..^=)

マーサはいつも猫の眼のように クルクル@@ ... ほんと落ち着きのない人ですね (・。・;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「核の傷」~渋谷アップリンクで上映中


水曜日は「映画¥1000」で得しちゃいました(^O^)/



肥田舜太郎医師が語る内部被曝。

渋谷アップリンクさんで4/7から公開されている「核の傷」です。
出張のついでに、昨夜、観ることができました♪


肥田先生の本は読んでいても、ご本人の話を聞いたことがありませんでした。
映像を通してですが、肥田先生がご自身のことばで語られるがゆえに、一言ひとことに説得力があり、胸にストンと落ちます。

ー低線量放射能内部被曝で放射線にしきい値はない。原子炉から100マイル以内では乳癌死者数が明らかに増加。 ー 本で読んだことを、プラス、映像で観て、聞く。
映像の訴求力とでも言うのでしょうか。肥田先生の体験と研究の軌跡がより具体的にわかりました。


渋谷アップリンクは初めて行きました(再び行く機会はないかも...笑)が、自主上映館があるというのは、さすが東京ですね。

しかも一日4回も上映してます。
この手の映画は、地方では劇場上映されるとしても、おそらく1日1回1週間限定というところかな?
福岡では、カリーナの林檎が1日1回1週間限定でした^^;

こういう映画こそ、全国で上映、普及してほしいです。



あ、「内部被曝」初版第1刷発行 扶桑社¥780 を販売していたので、衝動買い!(笑)



関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。