猫 乃 眼 通 信 (=^..^=)

マーサはいつも猫の眼のように クルクル@@ ... ほんと落ち着きのない人ですね (・。・;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各地にひろがる 「福島バッジプロジェクト」 【転載】

【原発とめよう!九電本店前ひろば報告から転載】

★ ハンナ&マイケル さんから:

東京で出会った「福島バッジプロジェクト」の方からのお願いをお伝えします。

NO NUKE FUKUSHIMA と書かれたグリーンの地に黄色い菜の花のバッジを目にしたことがありますか?
30キロ圏内に住むある人は原発のことを話せる人は2~3人しかいない、といっています。何も言わない、言える雰囲気ではない、そんな人たちにこのバッジを無料で配っているそうです。バッジをつけている人を見かけたら、福島県人同士、脱原発の思いのたけを語りあえるように。

私もいくつか預かってきましたので、福島県出身の方、お申し出ください。

またバッジのNO NUKE の後に in JAPAN と書いてあるのは県外の人用、こちらはカンパで買ってください。
原発のある各地で製作が広がっており、IKATA や OI も見うけます。
九州でも GENKAI や SENDAI を作って広めてくれる組織、募集してます。
日本中の原発立地のバッジが出揃ったら、それで初めて NO NUKES という複数形の標語が完成します。


この「福島バッジプロジェクト」が3月9日の明治公園での「さようなら原発集会」で貼り出していた二本松の関さんの詩を、以下に掲げておきます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
二本松の関です。
福島に残っている人達への思いを詩にしましたが、書ききれません。
言えることは、原発からい生き方をしてきた人たちが、ひどい目にあっているということです。
分かちあって欲しいのは辛さや悲しみ、痛みです。
持てるものを分けることだけが「分かつ」ことではないのです。



なじょすべ
わたしね 病気 治すために
ムノウヤク野菜を 何十年も 食べてきた
福島で 野菜 こさえるごども
そこさ 居る ごども
やっては なんねえと 思うのさ
だから カンパ 送らなかった
まごどに 気の毒 だったども
と エミさんの 言う

測定所 立ちあげた
この 小松菜は 不検出
よかったら 買ってくんなしょ
それでも お客さん 3分の一
と タモツさんの 言う

下の 田んぼ 川の水が上がっから
1万ベクレル あるんだよ
阿武隈川の 青い 流れを見ながら
スギウチさんの 言う

ペットボトルの水道水 福島市が 売りだした
すると 世間はこう 言うんだ
カルト そのもの もう犯罪
ストロンチウムは 測ったの
プルトニウムは 出てないの
フクシマ県を 閉鎖しろ

なじょ すべなあ
おめさん方よ
確かに オレも食わねえし
飲んでくれとも 言わねえが
悩む こころに 添うてくれ
オレたちに 欲しいのは
痛みを 分かつ こころだよ

【転載おわり】

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。